2014年01月20日

説明問題


Scarpa筋膜とは?

腹膜では皮下組織は2層からなり、浅層の脂肪に富む部分をCamper筋膜と言う。深層の弾性線維に富む部分をScarpa筋膜と言う。また、会陰でのScarpa筋膜の名称はColles筋膜である。


鼠径靭帯とは?

上前腸骨棘と恥骨結節を結ぶ腱で、外腹斜筋の停止筋膜の下縁である。


肛門直腸輪とは?

恥骨直腸筋付着部上縁の太い隆起で、肛門直腸結合部に形成された筋性の輪である。
肛門外括約筋の深・浅部から直腸縦筋と肛門内括約筋を囲み、肛門提筋と恥骨直腸筋をつなぐ。


空腸と回腸を区別する方法

口側の2/5が空腸、残りの3/5が回腸
空腸は回腸にくらべ、輪状ひだや腸絨毛が発達している。
回腸には集合リンパ小節(パイエル板)がある。


大腸と小腸の違い

大腸には結腸ヒモ(縦走筋からなる3本の太い線維)、結腸膨起(結腸ヒモの間のふくらみ)、腹膜垂(脂肪の塊)がある。
posted by 解剖学 at 17:26| 説明問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。