2014年01月16日

穴埋め問題1


胸骨角に第(A)肋軟骨がつく。

(A)2


頚動脈三角を構成する筋は(A)、(B)、(C)である。

(A)肩甲舌骨筋(B)顎二腹筋(C)胸鎖乳突筋


大腿三角は別名(A)三角である。上は(B)、内は(C)、外は(D)が構成する。この中に(E)がある。

(A)スカルパ(B)鼠径靭帯(C)長内転筋(D)縫工筋(E)大腿骨頭


鼠径靭帯は(A)と(B)を結ぶ。鼠径靭帯の外後方に(C)があり、内後方に(D)がある。

(A)上前腸骨棘(B)恥骨結節(C)筋裂孔(D)血管裂孔


筋裂孔を(A)、(B)が通り、血管裂孔を境に(C)動脈は(D)動脈と名前が変わる。

(A)腸腰筋(腸骨筋と大腰筋)(B)大腿神経(C)外腸骨(D)大腿


左右の肺と胸椎、胸骨に囲まれた部分を(A)と言う。

(A)縦隔


内側腋窩隙は(A)、(B)、(C)で構成され、(D)が中を通る。外側腋窩隙は(A)、(B)、(C)と(E)により構成される。(F)、(G)が通る。

(A)大円筋(B)小円筋(C)上腕三頭筋長頭(D)肩甲回旋動脈(静脈も)(E)上腕骨(F)腋窩神経(G)後上腕回旋動脈
posted by 解剖学 at 23:09| 穴埋め問題1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。